FC2ブログ

 




 
 
 



HOT TIPS

■満員御礼---前回募集の各種講座、規定定員数に達しました♪ 引き続き、次期受講者様のご予約を承ります☆ イツモ アリガトウ ゴザイマス m(_ _)m ■オラクル・リーディング、覆射の講座、インナー・チャイルド、アダルト・チルドレン、人生相談、受付中☆ ■毎日、明るく元気に、ポジティブに頑張りましょう。。。 ●ミヽ(・∀・)ノ● ピロシキ ナゲマクリ 






 








 
 
 
fxwill.com







Milagros*

突然、動物や人の感情が流れ込んでくる

954488b_1.jpg






今日は、アニマル・カムイ ( アニマル・スピリット ) や、感情エンパスについて、お話しようと思うの。。。 
私は、4歳の頃から、もう既に、変な存在と会話したり、視えていたので。。。 

今日は、私の色々な経験談とか、それに関する、ウダウダ話を書こうかなと思っています。。。 
でも、その前に、昨日視た、ビジョンの話。。。 

でもって、ビジョンというのは、仙道や陰陽道では、「 観 」 と言い、別の言い方では、「 心眼 」 とか言うの  
だけれども。。。 それは、起きてる状態で、突然、勝手に映像が流れてくる現象なの。。。 

でね。。。 昨日も、妙なビジョンを視たのだけれども。。。 
ちょっと、窓辺で、夜風に当たりながら、休憩してたら、突然、眉間のスクリーンに、それが流れ始めたの。。。 

それはね。。。 多分、北欧の森の中なんだと思うけど。。。 12歳くらいの、緑色の服を来た少年が、タターッ
って、走ってる映像なのよ。。。 着てる服は、ピーターパンみたいな、ギサギサになってる上着で。。。 

髪の色は、赤毛。。。 細身で、走るのが早い少年なの。。。 それが、森の奥の方から、こちらに向かって  
走ってくるのが視えて。。。 だんだん近づいて来て、目の前を走り去って行くって、ビジョンだったの。。。 

正直、「なんぢゃこりゃぁ?」 って思ったのだけれども、そういう映像って、物凄く、鮮明でね。。。 
色も、ハッキリと分かるし、森の様子も全部、分かるし、後からでも、鮮明に思い出せるの。。。 

だから、一度、ビジョンを視たら、もう絵に描ける感じで。。。 
とにかく、頭の中に勝手に流れ込んでくるのよ、映像が。。。 丁度、眉間の裏あたりにね。。。 

だから、私はいつも、「 眉間のスクリーン 」 と言っているのだけれども、それは、瞑想中は勿論のこと、寝る  
間際とかにも視えるし、たまに、激しいフラッシュ映像で入ることもあるの。。。

このフラッシュが、物凄く、眩しくてね。。。 寝入りっぱなに、それが来ると、ビックラこくわよ? 
ホント、カメラのフラッシュを、間近で直接、視てるような眩しさなの。。。 

そして、その一瞬のフラッシュと同時に、映像が視えるのよ。。。 もう、鮮明に視えます。。。 
そして、脳裏にガッツリ、焼き付くので。。。 その後、一生、忘れることないです。。。 

けど、フラッシュが出る時は、明らかに、高次のどなたかと繋がっているので、何かしらのメッセージだと思う 
のよ。。。 その相手は誰だか、分からないけど。。。 あ、繋がったな、という感覚は、しっかりあるの。。。 

だから、瞑想中にフラッシュが来たら、明らかに、肉体感覚が変わりますし、その時点で、体が無くなった感じ  
になります。。。 魂だけというか、意識だけになった感じ。。。 

余りに周波数が上がると、上方にグイグイ、引っ張られて、抜け出てしまいそうになる位よ。。。 
でも、そこまで深いトランスになると、大体、何かとテレパシーで話せるので。。。 

個人的には、フラッシュに期待大なの。。。 
・・・とまぁ、それは、さておき。。。 昨日、走る男の子のビジョンを視ましたよって、お話でぇーす。。。 



                                                     



そして、そして、本日の本題である、テレパシーとか、感情エンパスの話なんだけれども。。。 
生まれて初めて、それを経験したのは、4歳の時で。。。 夜の8時頃だったの。。。 

結構、昔から、夜更かしする子供だったので、その夜も、2階でひとりで、過ごしてたのだけれども。。。 
そしたら、突然ね。。。 頭の中に、声が聞こえてきたのよ。。。 私の名前を呼んでてね。。。 

それで、最初、誰かが部屋に来たのだと思って、周囲をキョロキョロ、見回したのだけれども、誰もいなくて。。。 
なので、気のせいか・・・と思って、ぬりえをしてたら、また、私を誰かが、呼ぶのよ。。。 

・・・で、しばらく、考え込んでたら、どうやら、これは自分の頭の中で、聞こえてるなぁ、と思って。。。 
心の中で、「 誰???」 って、聞いてみたのよ。。。 そしたら、返事が返ってきて、おったまげぇ~~

でね。。。 その相手は、鶴だって言うのよ。。。 「 タンチョウヅルの夫婦 」 だって言うの。。。 
そしたら、パッ! と、頭の中に、丹頂鶴が2羽、視えてきて。。。 

だけど、子供だから、別に何の警戒もなければ、怖くもないし。。。 「 あ、鶴さんだ!」 とか、逆に嬉しくなって、 
あれやこれや、ウダウダと会話してたのよ。。。 結構、その頃は、頻繁に、彼らと話してましたね。。。

そして、私の将来のことや、あるミッションを遂行するように言われて。。。 
それから、私の修行人生が、始まっていく訳なのよ。。。 そのミッションを守る為にね。。。 

でもって、5歳以降は、しばらく、そのような経験はなかったのだけれども。。。 
近所で飼われていた、パクって言う名前の秋田犬と、異様に意気投合するようになり。。。 

それから、小学校の4年生になるまで、ずーっと、パクと一緒に過ごす毎日だったの。。。 
幼稚園から帰ってきたら、パクの小屋の中で遊んで。。。 ( 秋田犬だから、豪邸なのよ ) 

家出しても、パクの小屋の中にいて。。。 
小学生になると、毎日、必ず。。。 パクにあげるパンを持ち帰り、また、パクの小屋の中で過ごして。。。 

もう、めっちゃ、犬くさい小屋だったのだけれども、そこが1番、安心できる場所だったのよ。。。 
なんだか、不思議と、パクが何を考えてるか、分かるし。。。 だから、かけがえのない親友だったの。。。 

・・・というか、「 お父さん 」 って感覚だったなぁ、明らかに。。。 
途轍もない、包容力があったしね。。。 私を守ろうとする防衛本能、ハンパ無かったですしね。。。 

例えば。。。 爺ちゃんに叱られて、泣いて、泣いて、家を飛び出して、パクの小屋で泣いてたら。。。 
ピューとか、クンクンとか、やたら高い声を出して、ずーっと、側にいてくれたり。。。 

そのまま、パクに抱き着いて、泣き疲れて、寝ちゃったりすると。。。 
パクは、微動だにしないのよ。。。 絶対に、体を動かさずに、私を支えてるの。。。 ずーっと。。。 

だから、もう、パクが大好きで、仕方がなくて。。。 
でも、ずっと、なんだか、「 お父さん 」 ってイメージだったの。。。 実際、オスだったのだけれども。。。 

だから、私はね。。。 犬に育てられたと思ってるのよ。。。 
そこの飼い主さんも、「 あらま! やーなちゃん、また小屋の中にいるのね 」 って感じで、笑ってて。。。 

他所のわんちゃんだったのだけれども、どれだけ一緒にいても、怒られなかったの。。。 
おまけに、パクは私と同じ年に生まれた犬で、パクが死ぬまで、一緒にいたから。。。 

物凄く、長い付き合いだったし。。。 正直、人間との付き合いよりも、パクと過ごした時間のが長かったの。。。
でもって、その間にね。。。 何故か、動物の気持ちが分かるようになっていったのよ。。。 



                                                     



・・・で!  何故、そういう感覚が鋭敏になるのかっていう、私なりの意見なんだけれども。。。 
私が思うに、そういった能力やスキルは、ある種の 「 極限状態 」 から、開発されていくと思うの。。。 

私は小さい頃から色々と家庭に問題があったし、人種差別なんかもあって、凄く、苦しい人生だったのね。。。
だから、いつも、動物たちに救いを求めてて。。。 アジトで猫を飼ったり、いつも動物と一緒にいたのよ。。。

ナマズや亀や。。。 インコや金魚、猫に、パク。。。 もう、ずーっと、動物と一緒で。。。 
毎日、釣り竿を持って、魚を釣りに行って、アジトの猫たちに食べさせて。。。 

お小遣いは全部、ペット達のエサ代で、消えてました。。。 
だから、人間とは殆ど、付き合わずに、いつも、動物と一緒に過ごしてた感じ。。。 

そして、学校に行く途中で、犬や猫が、車にはねられて、死んでいるのを見つけると。。。 
それを、すぐに抱えて、血みどろになっても平気で、お墓を作るような子供で。。。 

それも、頻繁にしてたから。。。 やがて、学校の先生も、「 今日もお墓だったの?」 って聞くようになったの。。。
だって、血の付いた制服のまま、遅刻して行くから。。。 もう、公認だったの。。。 

だから、遅刻しても全然、怒られないし。。。 それだけに、死んでいる生き物を見ると、もう、遅刻していいんだ! 
とかって思ってたのよ。。。 だから、あらゆる動物を、弔ってきたの。。。 

でもって、その度に、心を痛めて、泣いて。。。 そういう辛さが、益々、サイキックな方向へと導いていったと思う 
のよ、自分ではね。。。 とにかく、極限状態とか、死ぬほどの辛さが、そっちへ導くのだと思ってるの。。。 

だって、私の人生、ハンパないから。。。 あえて、何があったか話さないけど、虐待から始まって、もう、不幸の  
塊みたいな人生だったのよ。。。 今でも、色々とあるしね、裏では。。。 

前にも話しましたが、リスカあるし、摂食障害あるし、自殺願望者だったしね。。。
そういうのね、臨死体験とかと同じで。。。 

何かしらの救済システムが働くんだと思うのよ。。。 
そうでないと、その人は自ら、命を絶っちゃうからね。。。 

だから、死なずに済むように、天が救済するのだと思うの。。。 
でもって、私の場合。。。 動物たちを唯一の救いとしてたから、天が繋がらせてくれたんじゃないかしらね。。。

だって、そうでなきゃ、とっくの昔に自殺してたと思うのよ。。。 生きる理由がないから。。。 
でも、動物のことになると、様々な希望が持てたし、情熱もわいていたから。。。 

絶対ね。。。 神様が救って下さったのだと思うのよ。。。 そういう能力を引き延ばす事によって。。。 
でないと、私。。。 この世にはいなかったと思うのよね。。。 

だから、犬の仕事してなければ、もう死んでますよ。。。 ケンシロウじゃないけど。。。   お前は既に
それに、私。。。 犬の方も、虐待専門のケアだったしね。。。 飼い主も、病んだ人ばっかりで。。。 

だから、私は天のお導きだと思ってます。。。 
実際、それによって、多くの犬たち、病んだ飼い主さんのサポートをしてきましたしね。。。 

つまり、「 奉仕の為に授かったもの 」 ってことですね。。。 
私の人生の全てが、修行だったのも、そういうことなんだと思うっちゃぁ。。。 

別に、欲しがって、そうなった訳でもないので。。。 
ですが、これからも修行ですし、死ぬまで多分、精進です。。。 もう、宿命っ!  

なので、更に向上するように、これからも学んでいきますし、自分を鍛え上げていきますよん。。。 
とにかく、動物たち無しでは、生きていけない、私でぇーす。。。 



                                                     



・・・と、まぁ。。。 今日はこんな感じなんだけれども、またいずれ、もっと詳しい話をすると思います。。。 
ですが、こういったスキルは多分、誰にでも出来ることだと思うわよ?  

ただ、本人が、出来る訳ない、とか思ってるから、具現化して来ないだけだと思う。。。 
ですから、不思議な形で、動物と付き合いたいのなら、単純に、純粋に、それを望むだけかと。。。 

ただし、そういう能力は、個人の自慢とか、趣味に降りてくるものでもないので。。。 
もし、シックスセンスが伸びてきたら。。。 否が応にも、奉仕の道へ進むハメになると思うわよ?  

そしたら、恐らく。。。 それまでの人生よりも、更に険しく、苦しい人生になると思います。。。 
なので、そういう意味では、エゴにまみれてた方が、楽に生きられると思うにゃぁ。。。 

とにかく。。。 動物はいいですっ! スピでも、スピじゃなくても、良い関係が築けます。。。 
私は今は、霊長類に興味津々なんだけれども。。。 いずれ、また、家族が増えるかもでぇーす。。。 




・・・という訳で、今日はこの辺で、霞をかけようかしらね。。。 
皆様も、素晴らしい夜を、お過ごし下さいまし。。。 

では、またね。。。 んだばよぉぉ~~、ダスヴィダーニャ!  
LOVE, YA !!  Яна...... 






スポンサーサイト

 Shamanism Working With Animal Kamuy

2 Comments

ガーベラ  

デイリーなオーラソーマ・タロットを引きました。

出てきたカードとボトルです。
ttp://artbeing.com/aura-soma/reading/tarot-041.html

チャレンジとギフトに注目しました。
ttp://artbeing.com/aura-soma/equi/B041.html

文章を抜粋しました。
「自己への不信感と過去のパターンに取りつかれています。人生の物質的な面で、特にぜいたくをしたいという欲求の面で苦労しています。歓びを感じることなく、心の内には大きな葛藤があります。人との関係性において、依存的な傾向を持っています。自分の権利にばかり熱中して、他の人と分かち合おうなどとは考えません。罪悪感があり、また、他の人を責めます。」

とのことから、どう解釈したらいいのか考えました。
自己への不信感とは、不信だと思うようなことをしているからで、過去と同じ反応や考え方を繰り返している状態で、得られていないと思っているから、贅沢をしたいと考えていると思います。

歓びを感じないのは、感じないようなことをしているからで、依存もしていて、勝負とか、優越感だとか、支配の考えばかりでしかないから、罪悪感で一杯で、自分のせいではないとして逃げているから、相手のせいにしていると思いました。

とのことから、どうしていくべきなのかと考えました。
何事も疑い、罪悪感も持っているから、信じられなくて、受け取れもしなくて、悪循環だから、ポジティブな部分がなくて、自分から逃げているので、忍耐力をつけるべきでした。

2018/06/06 (Wed) 07:23 | EDIT | REPLY |   

ガーベラ  

お話を伺い、幼少期に辛い経験をされていて、丹頂鶴と繋がったり、眉間に映像を見られたり、普通の精神状態以上の極限状態であれば、辛さや何の為に生きているのか?などと感じて、かなりのネガになって自然のことで、小さい頃からずっと、苦労をされてきていて、だからこそ、アニマル・スピリットと会話するなど、経験されてこられているのだと思いました。

動物を弔うご経験も沢山おありで、心を痛めて悲しまれて子供の頃から、いろんな辛い思いをされていて、そのご経験を奉仕に繋げておられていて、人の役に立つということが、私には、まだ経験がないので、理解していませんが、役に立てるには、自分自身が理解していたり、出来ていたり、分かっていないと出来ないことだから、それだけ、経験、知識などをお持ちで、長年の修行があってこそ、出来るものなのだと思いました。

2018/06/05 (Tue) 23:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment








   
 






 Milagros* 検索の多い記事

式神 ― 「 十二天将 」
 / 式神 ― 「 十二月将 」 / 丹光 / 覆射 / 不老不死 / 封神演義 / 紫微斗 / 百鬼夜行 / 西遊記 / 可でも、不可でもない、可。 / 「観」 ― 白狐 Byakko ―
 Third Eye ― サード・アイ シャクティ という名の女神と、赤い蛇 / 天の産道 ― MAGICAL MA'AM ― / Event Horizon ― 事象の地平面 / パラレルの構造 / GENIUS ☆ ― Einstein's brain ―
 アストラーベ ― 親愛なる異端の女、Ὑπατία / STAR CHILD / 「二元性を超越した、ホログラム」と、相対性理論☆ / THE BERMUDA TRIANGLE / この世界が仮想現実であることを示す証明式